【アスベスト対策】2023年10月の法改正!事前調査の重要性とは?

近年、健康被害の深刻化から建築物におけるアスベストの適切な管理が強く求められています。2023年10月からアスベスト法が改正され、建築物の解体や改修工事時におけるアスベストの事前調査を行う際には、有資格者により行う事が義務化されました。本ブログでは、アスベストの危険性や法改正の内容、事前調査の重要性と流れ、有資格者の選び方などについて詳しく解説します。建築・解体関係者の方々は、改正法への適切な対応が不可欠です。アスベストによる健康被害を防ぐためにも、本ブログで最新の情報を確認してください。

1. 2023年10月からのアスベスト法改正とは

2023年10月からのアスベスト法改正は、建築物や解体工事におけるアスベストの管理を強化するための改正です。この改正の目的は、アスベストの危険性を適切に管理し、建物の使用者や作業員の安全を確保することです。

アスベストは長い間建築や工業分野で使用されてきましたが、過去の研究でアスベストが人体に有害であることが分かりました。そのため、アスベストの使用や処理に関する法律が改正されることとなりました。

改正により、建築物の解体や改修工事を行う際には、特定の資格を持った有資格者がアスベストの事前調査を行うことが義務付けられました。これによって、アスベストの有無と量を正確に把握し、作業員や使用者の健康被害を最小限に抑えることが期待されています。

また、それ以前の法改正ではアスベスト事前調査結果の報告や作業計画作成も義務化されています。これにより、アスベストの発生や拡散を予防し、作業現場の安全性を向上させることが求められます。

建築物の所有者や施工業者は、この法令を厳守する義務と責任があります。法改正に適切に対応するためには、早めの資格取得や専門業者の活用が重要です。アスベストの危険性を理解し、法令を遵守することで、安全な作業環境を確保することができます。

2. アスベストの危険性と必要性

アスベストは非常に細い繊維であり、切断や研磨の過程でこれらの繊維が空気中に飛散します。このような繊維を吸い込むと、肺に蓄積されることで肺がんや石綿肺などの病気リスクが高まります。そのため、事前調査を行い健康被害を防ぐためには、アスベストの専門知識を持つ有資格者が非常に重要です。

アスベストの危険性を理解するためには、以下のポイントに注意が必要です。

アスベストの特性と健康被害のリスク

アスベストは鉱物繊維であり、断熱性、耐火性、吸音性などの特性を持ちます。そのため、建築分野で幅広く使用されてきました。
しかしながらアスベストの繊維が空気中に飛散し、吸入されると肺に蓄積され、重度の健康被害を引き起こす可能性があります。
アスベストが一度肺に入ると、長期間にわたって潜伏し、病気が発症するまで数十年以上かかることがあります。

アスベスト解体、改修の必要性

アスベストを含む建物は老朽化し、また解体や改修工事が増加しています。これにより、アスベストにばく露する可能性が高まっています。
古い建物の解体や改修では、アスベストの有無を確認し、適切な処理が必要です。
そのため、アスベストの調査と管理は建築現場や労働者の安全を守る上で非常に重要です。

アスベストの専門知識を持つ有資格者の必要性

アスベストの事前調査には、専門的な知識と技術が必要です。アスベスト調査に関連する資格を持つ有資格者、たとえば建築物石綿含有建材調査者アスベスト診断士が事前調査を行います。
これらの有資格者が適切な調査を行うことで、アスベストによる健康被害を防止することができます。

アスベストの危険性と必要性を理解するためには、アスベストの専門知識を持つ有資格者による事前調査が不可欠です。建築物の解体や改修に関与する方々は、アスベストに関する知識を身につけ、適切な処理と管理を行うことが求められます。

3. 事前調査の義務化と資格の重要性

アスベストの事前調査報告は、既に2022年4月1日から義務化されています。これにより、アスベストが含まれている建物の解体や改修が行われる際には、必ず事前に調査を行う必要があります。

アスベストの危険性と調査の必要性

アスベストは呼吸器疾患や肺がんなどの健康被害を引き起こす可能性があります。そのため、建築物内にアスベストが含まれているかどうかを正確に把握することは、作業者や利用者の健康と安全を守る上で非常に重要です。

資格取得者による事前調査の重要性

アスベストの事前調査には特定の資格が必要とされます。建築物石綿含有建材調査者という資格を保有している者が事前調査を行うことが求められます。資格取得者による事前調査は調査の信頼性と専門知識の保証を提供します。建築物石綿含有建材調査者は適切な調査手法を習得しており、そのため事前調査結果を信頼性の高いものとするためには、この資格を保有した者が調査を行うことが義務付けられたのです。

法的な義務と報告の重要性

アスベストの事前調査は法的な義務でもあります。解体や改修工事を行う前には、アスベストの有無を確認し、調査結果を労働基準監督署や地方公共団体に報告する必要があります。これにより、アスベストに関する法規制を遵守し、適切な対応を行うことが求められます。

事前調査の義務化と資格の重要性は、建物の利用者や作業者の健康と安全を守るために欠かせません。適切な資格を持った専門家による調査を実施し、アスベストの有無を正確に把握することで、アスベストによる健康被害のリスクを最小限に抑えることができます。

4. 事前調査から報告までの流れ

事前調査から報告までの流れは以下の手順になります。具体的な情報については、環境省の発表内容や各自治体の窓口に問い合わせることがおすすめです。

専門家に依頼する

アスベストの事前調査では、アスベストと建築物の調査に経験豊富な専門家に依頼します。依頼先としては、建築物石綿含有建材調査者や一般社団法人日本アスベスト調査診断協会に登録されている技術者などがあります。必ずアスベスト調査の講習を修了していることを確認しましょう。

書面調査と目視確認

専門家による事前調査では、まず建築物の設計図書を基に書面調査が行われます。設計図書だけで結論を出すのではなく、現地で採取したサンプルを用いてアスベストの含有率を分析機関に依頼して確認します。書面にアスベスト使用の記載がなくても、アスベスト含有建材が規制された年代と建築年次を突き合わせることもあります。

分析

アスベスト含有の有無が不明な場合には、さらに分析が行われます。必要な建材をサンプリングし、分析会社に分析を依頼します。分析結果は調査票に記録され、大事に保管しておきましょう。ただし、アスベストが含まれているとみなして石綿飛散防止措置を講ずる場合は、分析調査を省略することもできます。

報告書作成

事前調査の結果報告は、アスベストレベルにより異なりますが、労働基準監督署や地方公共団体に提出する必要があります。報告書は事前調査の結果を詳細にまとめたものであり、詳細な報告が求められます。報告書の提出は工事開始の14日前までに行う必要があります。報告の義務は絶対であり、報告書は3年間保管する必要があります。

以上が一般的な事前調査から報告までの流れです。アスベスト調査では、有資格者を選ぶことが重要であり、専門知識が必要な手続きや報告書の作成には注意が必要です。2023年10月1日からは建築物の事前調査は有資格者による実施が義務付けられた為、法改正に留意する必要があります。アスベストの事前調査と報告は、建築物や作業現場の安全を確保するために欠かせない重要な手続きです。

5. 業者の選び方

アスベストの事前調査は、解体・改修工事を行う際の必須の手続きです。しかし、2023年10月からの法改正により、調査を行うためには特定の資格が必要となります。したがって、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。

以下に、アスベスト調査業者を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

業者の選び方

信頼性の確認
アスベストの事前調査は、適切な技術と知識を持つ専門家が行うべきです。信頼性の確認には、以下の点に注目しましょう。

資格・免許の有無:業者が適切な資格や免許を持っているか確認しましょう。国が設けた石綿調査の資格を持っている業者であることが重要です。解体工事業者にも有資格者が在籍している場合が多いでしょう。

対応エリアの確認
アスベストの調査業者を選ぶ際は、対応エリアの範囲も確認しましょう。アスベスト調査を行う建物がある地域に対応しているか確認し、業者のサービスエリアと要件が一致しているかを確認しましょう。

コストの明確化
アスベスト調査の費用は、業者によって異なる場合があります。調査費用を明確に提示している業者を選びましょう。また、追加費用や隠れた費用がないかも確認しましょう。

顧客サポートの充実
アスベスト調査は専門的な作業であり、顧客サポートが充実している業者を選ぶことも重要です。業者が迅速かつ丁寧に対応し、お客様の要望や質問に適切に対応してくれるか確認しましょう。

以上のポイントを考慮しながら、調査業者を選ぶことで、アスベスト調査をスムーズに進めることができます。大切なのは、安全・安心な工事を行うために信頼できる業者を選ぶことです。

まとめ

建築物の解体や改修を行う際には、2023年10月から法改正によりアスベストの事前調査は、必ず有資格者が行う事が義務化されました。この調査を適切に行うためには、専門知識と資格を持つ業者に依頼することが重要です。アスベストの健康被害リスクを理解し、信頼できる業者を選択することで、工事の安全性を確保しながら法令を遵守することが可能となります。建築物の所有者や施工業者は、アスベスト対策を十分に行い、労働者や建物利用者の健康と安全を守るよう努めましょう。

⇒アスベスト対策


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ