看板解体の費用と相場

店舗や事業所の移転や閉店時には、看板の撤去が必要になります。そこで今回は、看板の撤去について詳しく解説したブログ記事を紹介します。看板撤去の種類と費用相場、費用を押し上げる要因、費用を抑えるポイント、依頼時の注意点、信頼できる業者の選び方など、看板撤去に関する幅広い情報が盛り込まれています。看板の撤去を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

袖看板

1. 看板撤去の種類と費用相場

看板を撤去する際の費用は、撤去する看板の種類や素材、設置条件によって異なります。以下では、さまざまな種類の看板とその撤去費用の相場をご紹介します。

・ウィンドウステッカー
数千円〜2万円
・文字看板
1万円〜2万円
・スタンド看板
1万円〜2万円
・袖看板
2万円〜3万円
・内照式看板
2万円〜3万円
・野立て看板
2万円〜3万円
・懸垂幕・横断幕
2万円〜3万円
・壁面看板
3万円
・テント看板
2万円〜5万円
・欄間看板
3万円〜5万円
・屋上看板や広告塔
10万円〜20万円

上記は看板撤去の費用の相場です。ただし、基礎部分の撤去や産業廃棄物の処分費用は別途必要となります。正確な見積もりについては、業者に依頼することをおすすめします。

2. 看板撤去の費用を高くする要因

看板撤去の費用を高額にする要因には、以下のような要素があります。

a. 看板の特殊な構造や素材

特殊な構造を持つ看板や非標準的な素材で作られた看板は、通常の看板に比べて撤去が困難であり、特殊な機材や技術を必要とします。
高さ5メートルを超える巨大な看板や地盤に固定された看板などは、撤去に際して追加的な工数や機材が必要となります。

b. 高所作業の必要性

ビルの屋上や高い位置にある看板の撤去では、高所作業車や足場の使用が必要となります。
高所作業車のレンタル費用や専門の作業員の派遣費用など、高所作業に関連する追加費用が発生します。

c. 足場の設置が必要な場合

人通りの多い場所や高い位置での撤去作業では、安全な作業環境を確保するためにしっかりとした足場の設置が求められます。
高層ビルでの作業では、足場だけでなく落下防止のための追加の安全設備も必要となります。
これらの足場や安全設備の設置に伴う費用が撤去費用を高める要因となります。
以上の要因により、看板の撤去には追加的な費用が発生する可能性があります。特に特殊な構造や素材を持つ看板や高所作業や足場の設置が必要な場合は、費用は通常の撤去に比べて高額になる傾向があります。

ポール看板

3. 看板撤去の費用を抑えるポイント

看板の撤去にかかる費用を抑えるためには、以下のポイントに注意することが重要です。

複数の業者に見積もりをもらう

撤去作業の内容と価格を比較するために、複数の業者から見積もりを取得しましょう。2〜3社以上の業者から見積もりをもらうことが理想的です。見積もりを比較することで、適正な価格を判断することができます。

事前に図面や資料を業者に提供する

看板の図面や資料を業者に事前に提供することで、正確な金額を算出することができます。看板を設置する際には、撤去のための図面や資料を保管しておくことも忘れずに行いましょう。

費用が安すぎる業者には注意する

費用が極端に安い業者には注意が必要です。安すぎる業者は手抜き工事や不法投棄などのトラブルを引き起こす可能性があります。見積もり金額だけでなく、業者の信頼性や作業内容も確認することが重要です。

見積もりを比較し適正な価格を把握する

複数の業者から見積もりを依頼し、平均額を比較することで、適正な撤去費用を把握することができます。極端に高額または安価な業者への依頼は避けましょう。

看板の撤去費用を把握する

看板の撤去費用は、種類や設置状況、場所などによって大きく変動します。業者からの見積もりを通じて、撤去費用の相場を把握することが重要です。

これらのポイントを抑えることで、看板の撤去費用を効果的に抑えることができます。ただし、業者選びには注意が必要です。信頼性の高い業者を選ぶためにも、上記のポイントを踏まえながら慎重に決めましょう。

ポール看板

4. 看板撤去を依頼する際の注意点

看板の撤去に際しては、いくつかの重要な注意点に留意する必要があります。以下に、看板の撤去を依頼する際に気を付けるべき注意点をまとめました。

仕上げ状況を確認しましょう

業者によっては、看板の撤去後の仕上げが不十分なことがあります。例えば、地面の整地がされていなかったり、壁面が汚れたままだったりすることがあります。そのため、撤去場所の仕上げ状況を自分で確認することが重要です。きちんと整えられているかどうかについて細心の注意を払いましょう。

廃棄物の処理方法を確認しましょう

看板や撤去した資材の廃棄物処理も重要なポイントです。悪徳業者は、適切な方法で処理せずに不法投棄する可能性があります。しかし、このような場合には、依頼主にも責任が及ぶ可能性があるため、廃棄物の処理方法やマニフェストの提示を業者に求めることが大切です。確実な処理が行われるように注意しましょう。

追加費用の発生に備えましょう

特に基礎部分の撤去作業が必要な場合、地中の状態を事前に正確に判断することは難しい場合があります。そのため、途中で追加作業が必要になることも考えられます。追加費用が発生する可能性に備えて、あらかじめ理解しておくことが重要です。見積もり段階で確認すると良いでしょう。

極端に安い業者は選ばないようにしましょう

見積もり額が極端に安い業者は、手抜き工事や不法投棄などのリスクが存在する場合があります。また、安い金額を提示した後で追加費用を請求されることもあるため、注意が必要です。価格だけでなく、信頼できる業者かどうかも見極めることが重要です。

これらの注意点を把握し、信頼できる業者を選ぶことで、スムーズかつ安心な看板の撤去作業を行うことができます。見積もりや業者の選定などは慎重に行い、トラブルを避けるようにしましょう。

袖看板

5. 信頼できる業者を選ぶコツ

看板撤去工事を依頼する際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。信頼できる業者を選ぶためには以下のポイントを考慮してください。

資格と経験の確認

業者の資格や経験を確認しましょう。長年の経験と実績がある業者は、様々な状況に対応する能力を持っています。信頼性のある業者であるかを判断するために、これらの情報を確認してください。

評判や口コミの確認

業者の評判や口コミをチェックしましょう。インターネット上の口コミサイトやSNSを活用することで、他の顧客の評価を確認することができます。信頼できる業者であるかを判断するために、複数の評判や口コミを比較しましょう。

見積もりの明確さ

業者からの見積もりが明確であるかを確認しましょう。料金設定が明確であり、追加費用がないかを確認することが重要です。見積もりには、作業内容や料金、納期などが明確に記載されていることを確認しましょう。

アフターサービスの提供

業者がアフターサービスを提供しているかも確認しましょう。撤去後の清掃や再設置などのサービスがあると便利です。信頼できる業者は、看板撤去後の補修やメンテナンスにも対応してくれることが多いです。

保険に加入しているか

業者が適切な保険に加入しているかどうかも確認してください。万が一の事故に備えるためにも、業者の保険加入状況を確認することが重要です。信頼できる業者は、保険に加入していることが多いです。

複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、相場を把握し、適正な価格を見極めることができます。また、業者同士の比較も行い、信頼できる業者を選ぶことができます。複数の見積もりを比較することで、より良い業者を選ぶことができます。

これらのポイントを踏まえて、信頼できる業者を選ぶことで、安全かつスムーズな看板撤去工事を実現することができます。信頼性のある業者と契約することで、満足のいく結果が得られるでしょう。

まとめ

看板の撤去には様々な費用が発生しますが、複数の業者から見積もりを取ることで適正な価格を見極められます。また、特殊な構造の看板や高所作業が必要な場合は、追加費用がかかる可能性があることにも留意しましょう。信頼できる業者を選ぶためには、資格や経験、評判、保険加入状況など、さまざまな要素を確認することが重要です。適切な業者を選び、事前の準備を十分に行えば、スムーズかつ安心して看板の撤去作業を行うことができるでしょう。

ポール看板

⇒雑工事


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ