【重要】アスベストレベル2の建材と除去方法を徹底解説!

近年、アスベストの健康被害が大きな問題となっています。アスベストを含む建材の除去作業は、適切な対策を講じないと、大きなリスクがあります。本ブログでは、アスベスト除去作業におけるレベル分類のうち、「レベル2」について詳しく解説していきます。アスベストレベル2の建材の種類や使用箇所、除去工法など、重要な情報を網羅していますので、アスベストに関する知識を深めたい方は、ぜひご覧ください。

1. アスベストレベル2とは

アスベストレベル2は、アスベスト除去作業において中程度の発じん性を持つ建材を指します。アスベストの飛散リスクは、レベル1に比べると低くなりますが、それでも注意が必要です。

アスベストレベル2には、以下のような建材が該当します

・石綿含有保温材
・耐火被覆材
・断熱材

これらの建材には、健康リスクがあるため、解体や改修作業の際にはアスベストの除去が必要です。

一般的には、ボイラー本体や配管、空調ダクトの保温材、建物の柱や梁・壁の耐火被覆材、屋根用折板裏断熱材、煙突用断熱材などにアスベストレベル2の建材が使用されています。

アスベストレベル2の建材は、作業時の飛散リスクが中程度であるため、特別な対策が必要です。作業を行う際には、以下の点に注意する必要があります。

作業場所の隔離

アスベストの除去作業では、主にアスベストの飛散を防ぐために作業場所を隔離することが基本的な対策です。ただし、アスベストが含まれていない部分を切断する場合などは、作業場所の隔離は不要なこともあります。

健康への影響

アスベストには健康リスクがあるため、作業員の健康を保護するためには、適切な保護具の使用や作業員のばく露対策の徹底も必要です。作業員の安全と健康を最優先に考え、適切な対策を講じることが重要です。

周囲への注意喚起

アスベスト除去作業では、周囲の人々への注意喚起や飛散防止策の講じることも重要です。作業現場周辺への立ち入り禁止や注意喚起の表示、風向きや風速の確認などを行い、周囲の人々や環境への影響を最小限に抑えます。

以上が、アスベストレベル2の概要です。アスベストを含む建材の除去作業を行う際には、アスベストのレベルに応じた対策を講じることが重要です。アスベストレベル2の建材を安全かつ適切に取り扱い、作業の安全性を確保しましょう。

2. レベル2の建材の種類

レベル2の建材には以下のような種類があります:

石綿含有保温材

シート状で、一般的に配管などに巻き付けて使用されます。
主にボイラー本体や配管、空調ダクトの保温材として利用されます。

耐火被覆材・断熱材

シート状の形状で、配管などに巻き付けられることが多いです。
建築物の柱や壁などに耐火被覆材として使用され、屋根用折板裏断熱材や煙突用断熱材なども用いられます。

注意点

レベル2の建材はレベル1よりも比重が小さく、発じんしやすい特徴があります。そのため、作業員の保護具はやや簡素化されますが、レベル1に準じたばく露防止対策が必要です。

これらの建材は、ボイラー、配管、建物の柱や壁、屋根など様々な箇所で使用されています。アスベストの含有量や使用箇所によって、取り扱いに注意が必要です。アスベストの除去作業を行う際には、適切な作業方法とばく露防止対策が必要です。

3. レベル2の一般的な使用箇所

レベル2のアスベストは、さまざまな箇所で使用されています。以下にその一部を紹介します。

ボイラー本体や配管、空調ダクトの保温材

ボイラーや配管、空調ダクトの保温材として、石綿含有保温材やシート状の保温材が使用されます。

建築物の柱や梁・壁の耐火被覆材

建築物の柱や梁、壁には、石綿耐火被覆板や石綿含有けい酸カルシウム板第二種が耐火被覆材として使用されます。

屋根用折板裏断熱材

屋根の断熱材として、石綿含有の折板裏断熱材が使用されます。

煙突用断熱材

煙突の断熱材として、石綿含有の断熱材が使用されます。

これらの箇所には、石綿含有保温材や耐火被覆材・断熱材が使用されています。特に配管などに巻き付けられるシート状の保温材や断熱材は一般的です。建築物の柱や梁・壁には、石綿耐火被覆板や石綿含有けい酸カルシウム板第二種が使用されることがあります。屋根や煙突の断熱材には石綿含有の材料が使用されます。

これらの箇所では、積極的な除去作業や囲い込み作業が必要です。作業員は作業中に飛散防止対策を講じ、周囲の注意喚起も行う必要があります。

注意喚起や飛散防止策が必要な一方で、レベル2の作業では発じんしやすい製品の除去作業が中心ですので、作業員の保護具はやや簡易的なものです。しかし、ばく露防止対策はきちんと行うことが重要です。

レベル2のアスベストを含む建材の除去には、専門的な知識と経験が必要です。アスベスト除去作業を行う場合は、信頼できる専門業者に依頼することをおすすめします。しっかりと対策を講じた専門業者に作業を任せることで、安全かつ効果的な除去作業が行われます。

4. レベル2に対する作業の種類

レベル2のアスベストの除去作業には、以下のような作業が含まれます。

保温材、耐火被覆材、断熱材の除去作業

レベル2では、主に保温材、耐火被覆材、断熱材など、石綿を含む建材の除去が行われます。これらの建材はシート状であり、一般的に配管などに巻き付けて使用されることが多いです。

アスベストの囲い込み、封じ込め作業

また、レベル2の作業にはアスベストの囲い込みや封じ込め作業も含まれます。ただし、囲い込みや封じ込めの作業はレベル1のアスベストを除いた場合に行われます。

以上がレベル2のアスベストの除去作業の種類です。アスベストを含む建材の取り扱いには注意が必要ですので、適切な作業方法と対策を実施することが重要です。アスベストの除去作業は専門知識と技術が必要なため、安全な作業を行うためには専門業者に依頼することをおすすめします。

5. レベル2の除去工法

レベル2のアスベストを除去するためには、以下のような方法があります。

封じ込め工法

封じ込め工法は、既存のアスベスト含有吹き付け材の上から溶剤を吹きかけ、外部にアスベストが飛散しないように封じ込める工法です。封じ込め工法の特徴は次のとおりです。

・アスベストが残るため、建物を解体する際にはアスベストを除去する必要があります。
・封じ込め工法は比較的費用が低く、施工が容易です。
・アスベストの飛散を防ぐためには、建材をしっかりと封じ込める必要があります。

囲い込み工法

囲い込み工法は、アスベスト層の部分にアスベストではない素材の板材などを取り付け、アスベストを完全に覆い密封する方法です。囲い込み工法の特徴は次のとおりです。

・囲い込み工法も封じ込め工法と同様に、アスベストが残るため建物を解体する際にはアスベストの除去が必要です。
・アスベストの飛散を防ぐためには、アスベスト層を完全に覆うことが重要です。
・囲い込み工法は比較的費用が低く、施工が容易です。

以上がレベル2のアスベスト除去工法の特徴です。アスベストを効果的に除去するには、専門的な知識と装備が必要です。そのため、安全な作業を行うためには専門業者への依頼がおすすめです。また、作業時には周囲への注意喚起や飛散防止策、作業員のばく露対策なども重要です。アスベストの除去作業を行う際には、適切な対策を講じることが必要となります。

まとめ

アスベストレベル2は、アスベスト除去作業において中程度の発じん性を持つ建材を指します。健康リスクがあるため、解体や改修作業の際にはアスベストの除去が必要です。レベル2の建材には、石綿含有保温材、耐fire被覆材、断熱材などがあり、ボイラー、配管、建物の柱や壁、屋根など様々な箇所で使用されています。レベル2の作業では、保温材やfire被覆材、断熱材の除去が中心となりますが、囲い込みや封じ込め工法も行われます。アスベストの除去作業には専門的な知識と装備が必要であり、作業時の飛散防止策や作業員のばく露対策など、適切な対策を講じることが重要です。

⇒雑工事


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ