家の解体費用を徹底解説!

不動産に関する知識を深めたい人向けに、家の解体費用に関する詳細な情報をブログでまとめました。解体費用の相場や工事の流れ、内訳、コストを抑える方法、メリットなどを紹介しています。様々な角度から解体工事について解説しているので、解体工事を検討している人や不動産に関心のある人は参考になるでしょう。

木造解体工事

1. 家の解体費用の相場

家の解体費用は建物の構造によって異なり、以下に家の構造別の解体費用の相場を示します。

木造建物

解体費用の単価は坪4~5万円であり、30坪の家の場合は120万円~150万円となります。

軽量鉄骨造建物

解体費用の単価は坪6~7万円であり、30坪の家の場合は180万円~210万円となります。

鉄筋コンクリート造建物

解体費用の単価は坪7~8万円であり、30坪の家の場合は210万円~240万円となります。
これらは一般的な相場であり、あくまで目安となります。実際の解体費用は、建物の構造や広さ、解体する際の状況によって変動します。具体的な費用を知りたい場合は、専門家に相談することをおすすめします。

また、家の解体費用の相場については、一級建築士や宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)が解説した動画も参考にすると良いでしょう。ご自身の目的や予算に合わせた解体費用を把握することが大切です。

費用

2. 解体工事の流れ

解体工事は、以下のステップで進行します。

現地調査

解体工事に入る前には、まず現地調査が行われます。この調査では、以下の作業が行われます。

工事手順の策定

重機の搬入スペースの確認
現地の状況を把握し、工事計画を立てるためにこのステップは重要です。

ライフラインの停止と解約・各種申請・近隣住民への挨拶

次に、解体工事に入る前の準備作業が進められます。この段階では、以下の作業が行われます。

・電気やガスなどのライフラインの停止と解約手続き
・道路使用許可や申請などの手続き
・近隣住民への挨拶と工事の事前通知
これらの作業を事前に進めることで、スムーズな解体工事の開始が可能となります。

解体工事

準備が整ったら、いよいよ解体工事に入ります。以下の作業を順番に進めます。

・足場の設置や養生、防音パネルの設置
・安全面や近隣住民への配慮を確認
・屋根材や内装材の撤去
・重機による解体作業
・基礎の撤去
これらの作業を適切に行い、解体工事を進めます。

廃材処理と現場清掃

解体工事が終了したら、以下の作業を行います。

・廃材の適切な分別と産業廃棄物としての処理
・解体後の現場の清掃と整地
これにより、工事がしっかりと完了し、現場が綺麗になります。

解体工事の流れは上記の通りです。各ステップごとに注意点や工事の進め方がありますので、業者との打ち合わせや確認をしっかり行い、スムーズな工事を進めてください。

更地

3. 解体費用の内訳

解体費用は、建物の解体に関連する様々な項目に分かれています。以下に、解体費用の内訳を紹介します。

建物取壊費用(30%~40%)

建物取壊費用は、解体費用の中で大きな割合を占め、具体的な費用項目には以下が含まれます。

・足場や防音・防塵シートの設置費用
・敷き鉄板の敷設費用(重機や車両通行に必要な場合)
・仮囲いゲートの設置費用(敷地囲いのために使用)
・仮設トイレの設置費用(解体作業員等の使用)
・解体作業員の人件費
・重機使用料や回送費など
これらの費用が合算され、建物取壊費用となります。

廃棄物処理費用(30%~40%)

廃棄物処理費用も大きな割合を占める費用項目です。解体する際には木材や屋根の瓦、基礎のコンクリートなど、多くの廃棄物が発生します。これらの廃棄物は建設リサイクル法に基づいて分別・再資源化する必要があります。そのため、廃棄物処理には相応の費用がかかります。

諸費用(20%~30%)

諸費用には、以下の費用が含まれています。

・各種書類の作成・申請費用(建設リサイクル法や道路使用許可など)
・重機や車両の燃料費や高速費
・近隣へのあいさつ費用(粗品や人件費など)
・借地料(重機の駐車スペースなど)
解体費用の見積もりを確認する際には、諸費用に含まれる細かい費用にも注意が必要です。

解体工事会社(解体業者)の利益(10%~20%)

解体工事会社(解体業者)の利益は、解体費用の10%から20%程度を占めます。解体工事会社も利益を確保する必要がありますが、他の業種と比べると収益はそれほど高くありません。一般的に、解体工事会社の利益率は低く設定されています。また解体工事で発生する金属類などは有価物として扱われるので、それらの売却費は利益の一部になります。

付帯工事費用(+α)

付帯工事費用には、建物以外のさまざまな工事費用が含まれます。具体的な費用は、解体する家の状況によって異なります。例えば、残置物が多い場合や、ブロック塀や庭に樹木や石がある場合などです。付帯工事費用は、解体費用の見積もりを確認するためにとても重要です。

以上が解体費用の内訳です。これらの費用項目を理解することは、見積もりの際にどの費用が含まれるのか確認し、最適な解体業者を選ぶ上で重要なポイントとなります。

コスト

4. 解体費用を安く抑えるコツ

解体費用を削減するためには、いくつかのコツがあります。以下に解体費用を安く抑えるための具体的な方法を紹介します。

複数の解体業者に見積もりを依頼する

解体工事を行う際は、複数の解体業者に見積もりを依頼することが重要です。異なる業者の料金や対応を比較することで、費用を削減することができます。また、業者ごとに得意な作業が異なるため、見積り料金には差が生じることもあります。ただし、料金だけで業者を選ぶのはとても危険です。違法業者の可能性もあるため、信頼性やサービス内容も確認しましょう。

自分で処分できるものは処分する

解体工事の前に、自分で処分できるものは処分してしまいましょう。家具や粗大ゴミ、生活ゴミなどは、自ら処分することで費用を削減できます。自治体の清掃工場に持込み処分をするだけで、かなりの費用対効果が期待できます。また、家電製品については、買取業者に査定を依頼してみることもおすすめです。買取が可能な場合、さらなる経済的なメリットが得られます。買取不能であったとしても、家電量販店などに相談して引き取ってもらう事も費用を抑えるコツといえます。

補助金の活用

国や自治体の補助金や助成金を活用することで、解体費用を削減することができます。家の解体を行う場合には、補助金が支給される可能性があります。ただし、補助金の条件は自治体ごとに異なるため、詳細を確認することが重要です。特に空き家の解体や周囲への悪影響が予想される場合は、補助金の支給が容易になります。申請することで費用負担を軽減できるため、解体工事の補助金についても確認しておく価値があります。

これらのコツを活用することで、解体費用を抑えることができます。解体工事を検討する際は、ぜひ参考にしてみてください。

補助金

5. 解体工事をするメリット

解体工事を行うことには、以下のようなメリットがあります。

家の売却がしやすくなる

解体工事を行わずに古い家のまま土地を売る場合、その土地は「古家付き物件」となります。しかし、古い家の価値は低く、土地の価格だけで販売せざるを得ない場合があります。しかし、買主にとっては自分で建物を解体する手間やコストがかかるため、古家付き土地は敬遠され、なかなか買い手がつかないことが多いです。

一方、解体工事を行って更地にすれば、買主は古い家を処分する手間を省けます。そのため、古家付き土地よりもスムーズに売却することができます。

売却後のトラブルを防止できる

建物を売却する際、売主は一般的に「契約不適合責任」を負うことがあります。これは、建物購入時に知らされていなかった問題が後に発覚した場合に、売主が責任を問われることを意味します。

解体工事を行うことで、売却後のトラブルを防止することができます。解体工事を行うことにより、売主と買主は建物の状態を把握することができます。これにより、売買契約上の問題が発生するリスクを低減することができます。

また、解体工事を行うことで、埋没物や土壌汚染などの問題を予め発見することができます。そのため、売却後にトラブルが起こる可能性も低くなります。

以上が解体工事のメリットですが、解体工事には費用を捻出することがあるため、慎重な判断が必要です。

天秤

まとめ

家の解体費用は建物の構造によって大きく異なり、一般的な30坪程度の建物の場合、木造で120万円~150万円、軽量鉄骨で180万円~210万円、鉄筋コンクリートで210万円~240万円が一般的な相場となります。解体工事の流れや費用の内訳を理解し、複数の業者に見積もりを取ったり、自分で処分できるものは処分したり、補助金制度を活用するなどして、解体費用を節約することができます。また、解体工事を行うことで、家の売却がしやすくなったり、売却後のトラブルを防止することができるというメリットがあります。解体工事を検討する際は、デメリットも十分に考慮し、慎重に判断する必要があります。

判断

⇒家の解体費用


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ