解体工事で「養生シート」は必須! 知っておくべき重要な役割と種類

建物の解体工事は、さまざまなリスクを伴う作業です。しかし、適切な養生シートを使用することで、これらのリスクを最小限に抑えることができます。本ブログでは、養生シートの重要性、種類、設置しない場合のリスクについて詳しく解説しています。解体工事のプロフェッショナルや、解体工事を予定している方々は、ぜひ参考にしてください。

1. 解体工事で養生シートが必要な理由

解体工事において養生シートは不可欠です。なぜなら、養生シートは解体工事によるホコリやゴミ、アスベストなどの飛散を防止するために必要な役割を果たしているからです。以下では、養生シートの必要性について具体的に説明します。

飛散防止

解体工事では、建物の壁や床、天井などが崩れることで大量のホコリやゴミが発生します。これらが周囲に飛散してしまうと、通行人や近隣住民に迷惑がかかるだけでなく、健康へのリスクも懸念されます。養生シートを設置することによってこれらの物質の飛散を防ぐことができます。

安全確保

解体工事現場では、危険な工具や建材が道路上や通行人に落下する可能性があります。養生シートを設置することで、これらの落下物から周囲の人々を守ることができます。

騒音軽減

解体工事には騒音も伴います。特に近隣住民にとっては日常生活に支障をきたす可能性があります。養生シートの設置により、騒音を軽減する効果が期待できます。

作業員の安全確保

解体工事現場では、作業員の転落事故のリスクが存在します。養生シートを設置することで、作業員の安全を確保することができます。

環境保護

解体工事では、不要となった建材や廃棄物が発生します。これらの廃棄物が周囲の環境に与える影響を最小限に抑えるためにも、養生シートの設置は必要です。

以上の理由から、養生シートの設置は解体工事において非常に重要です。養生シートは解体工事の安全性や効率性を高めるために欠かせないアイテムと言えます。

2. 養生の役割と種類

養生シートは、解体工事や建築現場で重要な役割を果たしています。その役割や種類について詳しく見てみましょう。

仮囲い養生

仮囲い養生は、主に建物の解体工事で使用される養生シートの一種です。このタイプのシートは、工事範囲を明確にするために使われます。大規模なビルやマンションの解体工事など、広い敷地で作業する場合に便利です。フェンスタイプやネットタイプ、ゲートタイプ、防炎シートに単管を組み合わせたタイプ、メッシュシートなど、さまざまな種類があります。

足場シート養生

足場シート養生は、足場を組んだ後に建物全体を覆うように被せるシートです。一般的な養生シートとしてよく使われ、粉じんの飛散や工具、資材の落下を防ぐ役割があります。ただし、強風時には風通しを考慮する必要がありますので、防風対策が必要になります。一般的には防炎シートや防音シートが使用されます。

鉄板養生

鉄板養生は、大型の鉄板を使用して敷地内の資材搬入経路や重機解体時の足場、地盤が弱い現場で使用されます。工事の進行においてさまざまな目的で活用され、解体業者によって積極的に使用されることもあります。

散水養生

散水養生は、解体工事中に粉じんの発生や飛散を最小限に抑えるために、散水することで効果を期待する方法です。建物の周囲ではなく、水をまいて効果を発揮します。足場シート養生や仮囲い養生と組み合わせて使用することで、より効果的に粉じんやアスベストなどの飛散を防ぐことができます。

防音シート

防音シートは、騒音の発生が予想される現場や住宅密集地域などで使用されることが多い養生シートです。銀色や黒色の厚手のシートであり、騒音を遮断し、防音効果を発揮します。

防音パネル

防音パネルは、頑丈な板状のパネルで作られており、防音効果が期待されます。大規模な建物の解体工事などに使用され、音漏れを防ぎますが、価格が高いため、一般的な家屋の解体工事ではあまり使用されません。

メッシュシート

メッシュシートは、風を通すことができるメッシュ生地で作られた養生シートです。風通しの良さが重要な場合に使用され、強風による倒壊や足場の崩壊を防ぐために効果的ですが、同時にホコリなども貫通してしまう為、あまり解体工事には適していません。

防炎シート

防炎シートは、火に強く、あらゆる構造の建物の解体工事などで使用されることが多いシートです。火花の飛散を防ぐ効果があり、解体工事中に火災が発生することを考慮して使用されます。

以上が養生シートの役割と種類の一部です。工事現場の安全性と周囲への影響を最小限に抑えるためには、適切な養生シートの選択と使用が必要です。

3. 養生シートを設置しない場合のリスク

解体工事において、養生シートを設置しないことにはさまざまなリスクが潜んでいます。養生シートは、粉じんやほこりの飛散を抑えるだけでなく、騒音を軽減する役割を果たしています。それでは、養生シートを設置しなかった場合に起こり得るトラブルについて詳しく見ていきましょう。

粉じんトラブル

養生シートを設置しないと、解体工事中に発生する粉じんやほこりが周囲に広がる可能性があります。これによって、以下のような問題が生じる可能性があります。

・外に干している洗濯物に粉じんが付着し、再洗濯が必要になることがある
・車に積もった粉じんが洗車を必要とすることがある
・近隣住民や通行人が粉じんを吸い込み、健康被害が生じることがある
・建物の外壁に粉じんやほこりが付着し、変色することがある

養生シートの設置は、これらのリスクを最小限に抑えることができます。

騒音トラブル
解体工事は、大きな音が発生するため、騒音トラブルが発生する可能性があります。養生シートを設置しないと、解体現場から発生する騒音が周囲に広がります。特に、防音性能の高い養生シートを設置しない場合は、騒音がより大きくなる傾向があります。

騒音が酷くなると、近隣住民の生活に悪影響を及ぼすことがあります。例えば、家でテレビを見ていても音が聞こえにくくなったり、勉強をしていても集中力が欠けることがあります。また、夜勤明けの方にとっては十分な休息が取れなくなるかもしれません。

養生シートの設置は、周囲の人々への配慮として非常に重要です。

落下事故のリスク

養生シートを設置しないと、解体工事中に工具や資材が落下する可能性があります。これによって、通行人や作業員に大きな事故が起きる可能性があります。適切な養生シートの設置により、落下した工具や資材がシートの外側に落ちるリスクを軽減することができます。

養生シートは、解体工事における安全性を確保するためにも必要不可欠です。

近隣トラブルのリスク

養生シートを設置しないと、粉じんの飛散や騒音の発生が制御できず、近隣トラブルを引き起こす可能性があります。また、養生シートを使わずに解体工事をすること自体が、近隣への配慮の欠如と捉えられることもあります。

さらに、業者や依頼主の対応が問題があると判断されると、信頼性が低下し、関係が悪化する恐れもあります。近隣の住民への配慮を忘れずに、養生シートの設置を検討しましょう。これにより、近隣トラブルの発生確率を下げることができます。

以上が、養生シートを設置しない場合のリスクについての解説です。養生シートは、解体工事の安全性と周囲への配慮において非常に重要な役割を果たします。適切な設置を行うことで、リスクを最小限に抑えることができます。

4. 養生シートの大きさと費用

養生シートには、一間二間と一間三間という2つの主要なサイズがあります。

一間二間: 1.8m×3.6m
一間三間: 1.8m×5.4m
養生シートの費用は、一枚あたり約1,500円程度です。ただし、養生シートは消耗品であるため、解体工事の際には破れたり傷ついたりすることがあります。その為、メンテナンスやチェックを常に行い、破損している場合は入れ替える事が必要になります。

養生シートの使用枚数は、延べ床面積が30坪程度の建物では一般的には15枚から20枚程度使用されます。養生シートを丁寧に組み合わせることで、防音効果や粉じんの飛散防止効果が期待できます。

養生シートの種類によって費用も異なります。以下は養生シートの種類と費用の目安です。

足場養生シート: 250円~400円程度/1㎡
仮囲い養生: 1,000円~2,500円程度/㎡
防音シート養生: 1,000円~3,000円/1枚

養生シートの費用は、種類や設置する面積、サイズ、材質などの条件によって変動します。また、養生シートのレンタルをしている業者も存在しているので、大量に使用する場合は検討するのも有効な手段となります。

・養生シートの設置費用は施主が負担することになります。契約前に見積書の中に養生シートや仮設工事の価格が明記されているか確認することが重要です。

・養生シートは消耗品であるため、必要に応じて買い替えが必要です。養生シートの消耗が激しいことを理解し、費用負担を把握しておくことが大切です。

5. 優良な解体業者の選び方

解体工事を行う際には、信頼できる優良な解体業者を選ぶことが重要です。以下に、解体業者を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

実績と経験

優良な解体業者は、豊富な実績と経験を持っています。過去にどのような解体工事を行ってきたのか、どれだけの実績があるのかを確認しましょう。また、解体工事に特化した専門の業者を選ぶことも重要です。

保険や許可書の有無

優良な解体業者は、解体工事に必要な保険や許可書を持っています。解体工事は危険を伴う作業であり、万が一の事故やトラブルに備えて保険に加入しているか確認しましょう。また、地域の法規制を遵守しているために必要な許可書を取得しているかも確認してください。

スタッフの技術と資格

解体工事は専門知識と技術が必要な作業です。優良な解体業者は、経験豊富なスタッフを抱えており、適切な資格を持っています。スタッフの技術や資格についても確認し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

見積もりと契約内容の確認

優良な解体業者は、適正な価格設定を行っています。複数の業者から見積もりを取り、価格や内容を比較検討しましょう。また、契約内容や細かな条件も確認し、しっかりと納得した上で契約を結ぶようにしましょう。

コミュニケーションスキル

解体工事は大規模な作業であり、スムーズなコミュニケーションが重要です。業者とのコミュニケーションの取りやすさや丁寧さも判断基準の一つとして考慮しましょう。解体業者との相性や信頼関係が良好であることも重要です。

まとめ

解体工事における養生シートの使用は非常に重要です。養生シートは飛散防止、安全確保、騒音軽減、作業員の安全確保、環境保護など、さまざまな役割を果たします。また、養生シートを設置しない場合、粉じんや騒音の問題、落下事故のリスク、近隣トラブルなど、さまざまなリスクが生じます。さらに、解体工事を行う際には、信頼できる優良な業者を選ぶことが肝心です。実績と経験、公式サイトや口コミの確認、保険や許可書の有無、スタッフの技術と資格、見積もりと契約内容の確認、コミュニケーションスキルなどを総合的に判断し、適切な業者を選択することが重要です。解体工事の成功には、養生シートの適切な使用と信頼できる業者の選択が欠かせません。

⇒木造解体工事


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ