スレート屋根のアスベスト問題の全てがわかる!健康被害リスクと適切な対策法

私たちの住む家やビルの屋根にアスベストが含まれていることは、健康上の懸念から大変重要な問題です。特にスレート屋根は以前アスベストが一般的に使用されていたため、今でもアスベストが含まれているケースがあります。そこで、このブログではスレート屋根とアスベストの関係、アスベスト含有の判断方法、健康被害のリスクなど、スレート屋根におけるアスベスト問題について詳しく解説します。アスベスト含有スレート屋根への適切な対処法と撤去費用についても触れていきます。皆さんの安全で健康的な生活のために、この重要な情報をぜひお読みください。

アスベスト屋根

1. スレート屋根とアスベストの関係

スレート屋根は日本でよく使われる屋根材の一つであり、アスベストとの関係も注目されています。スレート屋根は、天然スレートと化粧スレートに分けられます。アスベストは以前は一般的に使われていた屋根材の一部に含まれていましたが、その後のアスベストの発がん性が問題となり、2006年以降はアスベスト含有率0.1%を超える製品の製造・使用が全面禁止されました。

現在のスレート屋根に使われている材料のほとんどはアスベストを含んでいないノンアスベストのものです。ただし、2000年前後に製造されたノンアスベストの屋根は、一部の製品にまだ技術的な問題があるため、割れや欠け、反り上がりなどの不具合が発生しやすいことが後に判明しました。

スレート屋根にアスベストが含まれているかどうかは、建築時期や設計図書からおおよそ判断することができます。ただし、正確な判断は現地調査や分析が必要です。アスベスト含有スレート屋根の撤去の緊急性は、飛散リスクに応じて分類されるため、飛散リスクが最も低いレベル3に該当する場合は撤去の緊急性は低いとされています。ただし、スレート屋根にひび割れや浮きが発生している場合は、アスベストが飛散する可能性があるため、撤去を検討すべきタイミングとなります。

スレート屋根のアスベスト含有問題に対処するためには、専門業者に依頼して現地調査や分析を行い、どの方法で対処するかを相談することが必要です。その際、アスベスト含有スレート屋根の撤去費用も考慮する必要があります。また、一般住宅では20年以上経過している場合は屋根のリフォーム時期となり、アスベストを含まない屋根材への交換が必要とされています。工場や倉庫などの大型な施設では、撤去には時間や費用がかかるため、仮補修や部分的な屋根材の交換などの対策が採られる場合もあります。

以上が、スレート屋根とアスベストの関係についての概要です。スレート屋根にアスベストが含まれているかどうかは正確な判断が必要ですが、専門業者に相談することで適切な対策ができるでしょう。

スレート屋根

2. スレート屋根のアスベスト含有判断方法

スレート屋根がアスベストを含んでいるかどうかを判断するためには、以下の方法があります。これらの見分け方を組み合わせて確認することで、正確な判断ができます。

アスベスト入りのマークの確認

まずは、スレート屋根の裏側に「a」というマークがあるかどうかを確認しましょう。このマークがあれば、その屋根にはアスベストが含まれている可能性が高いです。もし見つからない場合は、製造番号を調べることでアスベストの有無を特定することができます。

建設された時期の確認

次に、屋根がいつ建てられたかを確認しましょう。アスベストを含むスレート屋根は、2004年までに製造されていました。そのため、2004年以前に建てられた屋根であれば、アスベストが含まれている可能性が高いです。ただし、1990年代からはアスベストを含まない屋根材も製造されていたため、必ずしも2004年以前に作られた屋根にアスベストが含まれているわけではありません。

ヒビ割れや欠けの確認

さらに、屋根にヒビ割れや欠けがあるかを確認することも重要です。アスベストを含むスレート屋根は非常に頑丈で耐久性が高いため、割れやヒビがほとんど発生しません。一方、アスベストを含まないスレート屋根は、約20年でヒビ割れが多く見られることがあります。

これらの見分け方を組み合わせて、スレート屋根がアスベストを含んでいるかどうかを判断することができます。ただし、正確な判断を行うには現地調査や専門業者への依頼が必要です。また、屋根の劣化状態も確認しておくことが重要です。アスベストを含んだスレート屋根は撤去の緊急性が低いとされていますが、ひび割れや浮きが発生している場合は速やかに対処する必要があります。

スレート屋根

3. アスベストによる健康被害のリスク

アスベストは健康に害を及ぼす非常に危険な物質です。呼吸器に微細な繊維が入り込むと、潜伏期間の後に肺に留まり、呼吸困難や咳などの症状を引き起こす可能性があります。特に、アスベストは肺がんや中皮腫などの発がん性が高いとされ、発症までには30年から50年もの時間がかかることもあります。

建材に含まれるアスベストを使用している職場では、肺疾患のリスクが高まり、労災の対象となる可能性があります。しかし、スレート屋根に含まれるアスベストは通常の使用状況では飛散リスクが非常に低く、健康に対するリスクは低いとされています。そのため、スレート屋根を使用している場合、一般的にはアスベストによる健康被害の心配は少ないです。

ただし、スレート屋根にひび割れや浮きなどの損傷がある場合は、アスベストが飛散する可能性があるため、迅速な対処が必要です。また、スレート屋根を撤去する際には、適切なばく露・飛散防止対策を行うことが重要です。アスベストによる健康被害を最小限に抑えるためには、定期的なスレート屋根の点検とメンテナンスが欠かせません。また、アスベストの含有状況を把握し、必要な対策を行うことも重要です。

アスベストに関する情報は、厚生労働省や環境再生保全機構などの公的機関のウェブサイトで入手できますので、参考にしてください。心配な場合は、専門家に相談することが大切です。

スレート屋根

4. アスベスト含有スレート屋根の対処法

アスベスト含有スレート屋根の対処法にはいくつかの方法があります。以下では、それぞれの対処法について説明します。

塗装

塗装は、アスベスト含有スレート屋根がまだ劣化していない場合に有効な方法です。
屋根の表面を保護し、アスベストの飛散を防ぐために塗料を使用します。
塗料の品質には注意し、耐久性や機能性を向上させるために高品質な塗料を選ぶことが大切です。

カバー工法

カバー工法は、アスベスト含有スレート屋根が劣化している場合や塗装が難しい場合に適した方法です。
既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を設置することで、アスベストの飛散を防ぎつつ屋根を修復します。
ただし、アスベストが残ったままの状態であるため、将来的な解体工事時にアスベストの除去や処分費用が発生する可能性があります。

その他の対処法

アスベスト含有スレート屋根がまだあまり劣化していない場合や撤去が困難な場合は、放置するという選択肢もあります。
ただし、健康被害やアスベストの飛散リスクを考慮した判断が必要です。
定期的な点検やメンテナンスを行い、屋根の状態を常に把握し、必要な対処を行うことが重要です。
以上がアスベスト含有スレート屋根の対処法です。アスベストの除去や処理が困難な場合でも、塗装やカバー工法などの方法によって飛散リスクを抑えることができます。ただし、最適な対処法を選ぶためには専門業者への相談や現地調査が必要です。屋根の状態や予算などを考慮し、慎重に進めましょう。

スレート屋根

5. アスベスト含有スレート屋根の撤去費用

アスベスト含有スレート屋根の撤去費用にはいくつかの要素があります。アスベストの飛散防止対策や専用保護具の必要性、アスベストの処分費用の高額さがその主な理由です。

アスベストの飛散防止対策や専用保護具

アスベスト含有スレート屋根の撤去工事では、アスベストの飛散を防ぐために専用の保護具が必要とされます。これらの保護具は使い捨てであり、購入費用が工事費用に加算されるため、費用が高くなります。また、アスベストが飛散しないようにするためには養生作業や散水が必要となり、一般的なスレート屋根の撤去工事よりも手間と時間がかかることも費用を高める要因です。

アスベストの処分費用の高額さ

一般的なスレート板の処分費用は約1m³あたり30,000円前後ですが、アスベスト含有スレート屋根の場合は、約1m³あたり40,000~70,000円ほどかかります。これには、石綿含有産業廃棄物を処分できる施設が限られているためのコストが関与しています。

費用を抑える方法

アスベスト含有スレート屋根の撤去費用を抑えるためには、以下の方法が有効です。

補助金の活用: 一部の自治体ではアスベストの除去工事に補助金を出している場合があり、これを利用することで費用を軽減できます。自治体ごとの補助金額や要件を確認し、活用しましょう。
複数の業者に見積もり依頼: 複数の業者に見積もりを依頼することで、工事費用を比較し、適正な価格で工事を行ってくれる業者を見つけやすくなります。ただし、見積もり金額が安すぎる業者には注意が必要です。
経験豊富な業者の選択: アスベスト除去工事の経験が豊富な業者を選ぶことで、作業の効率化や補助金制度の熟知などにより、費用を抑えることができます。
これらの方法を組み合わせることで、アスベスト含有スレート屋根の撤去費用を抑えることができます。ただし、信頼性の高い業者を選び、工事の品質と安全性を確保することが最優先です。

スレート屋根

まとめ

スレート屋根にアスベストが含まれている可能性がある場合は、専門家に相談して適切な対処法を検討することが重要です。アスベストの飛散リスクを最小限に抑えるため、塗装やカバー工法などの対策を行うことができます。また、撤去を行う際は、補助金の活用やコストの比較など、費用面での工夫も必要です。健康被害を未然に防ぐために、スレート屋根の状態を定期的に確認し、早期の対応を心がけましょう。

⇒アスベスト対策


解体工事(東京・埼玉)

解体工事BLOG・新着情報

解体工事

株式会社ペガサス

埼玉県所沢市小手指町3-22-1-306

TEL 0120-66-1788

お問合せ